#

IFCAとの懇談

IFCAは、日本とアメリカの児童福祉をつなぐ架け橋をつくろうと設立されたNPO法人で、次の2つの目標を掲げています。
① 日本とアメリカの、施設や里親家庭で育つ子どもたち、そして、フォスターケアを離れて自立した若者たちの交流と協同働を実現させる。
② 真に「子ども中心」な児童福祉の実践と虐待を受けた子どものケアにあたる人たちの支援のために、日米の専門職に就く人たちが連携する。

 

9月16日、IFCAの企画でアメリカ(ワシントン)から2名の若者と1名の元専門職が来日されたことから、弁護士会館で懇談を行いました。日米双方の制度の違いはありますが、私たちが取り組む濃い活動内容を紹介すると感動して頂けました。私たちも、当事者の声を聞けて、実り多い楽しい懇談となりました。

 

 

 

 

2014年09月16日