#

日常の困りごと(借金関係)

大枠のとらえ方

 一般的な債務整理の手法としては、大きく分けて、①任意整理、②自己破産、③個人再生が考えられます。②と③は裁判所を利用する法的手続きです。
 このうち、①任意整理というのは、貸し手(多くは消費者金融でしょう。)との間で交渉をして債務の整理をするというものです。具体的には、いわゆる過払金(多く支払いすぎた利息)があれば貸し手に対して返還を求め、債務が残るのであれば返済金額や返済方法(分割払いなど)について交渉をします。交渉ですので、相手方が応じればいいのですが、応じない場合には法的手続きをとらざるを得なくなる場合があります。
 ②自己破産というのは、要するに、借金を返済しなくてもいいようにする(これを免責といいます。)手続きです。免責が認められれば借金から解放される点がメリットです。ただし、滞納税金など一部の負債については免責されませんし、ギャンブルや浪費などの事情(これを免責不許可事由といいます。)があると、そもそも免責が認められないかもしれません。また、警備員や保険外交員など、手続中は就くことができなくなってしまう職業もあります。
 ③個人再生というのは、負債をたとえば5分の1に圧縮し、圧縮後の負債を基本的には3年で分割返済するというものです。ただし、圧縮が認められない債務もあります。この手続きは、住宅ローンつきの家を持ったままにしておきたい場合に特にメリットがありますが、継続的に返済をしていけるだけの安定した収入がないととることができません。
 これらのいずれを用いるかは、依頼者と弁護士とで相談をして決めることになります。
 おおまかな指針としては、過払金が出るか、過払金は出ないにしても総負債額が少なければ、①任意整理をすることが多いです。総負債額が多い場合、②自己破産によることが多いですが、たとえば、どうしても自宅を残しておきたい場合やギャンブルなどの免責不許可事由がある場合などには、③個人再生を利用することがあります。