#

その他(刑事事件)

大枠のとらえ方

逮捕・勾留手続きのあらまし
 逮捕と勾留はいずれも留置施設で身柄を拘束されるものですが、期間に違いがあり、逮捕は最長でも72時間なのに対して、起訴前の勾留は最長で10日+延長10日(一定の重大犯罪については再延長+5日)となります。
 一般的には、逮捕→起訴前の勾留(10日+10日)→起訴→起訴後の勾留、という手続きがとられることが多いです。起訴後については保釈の制度があり、これが認められれば釈放されることになりますが、起訴前には保釈の制度はありません。

もし逮捕されたら
 できるだけ早く弁護士を呼びましょう。
 弁護士を呼ぶ場合、知っている弁護士がいれば、留置施設の職員(警察官)に「○○弁護士に面会に来るよう伝えてほしい。」と言ってください。
 もっとも、その弁護士にも予定があるなどして、すぐには留置場に駆けつけることができない可能性もあります。また、知っている弁護士がいない場合もあります。こういった場合には、留置施設の職員に「当番弁護士に来てもらいたい。」と言えば、派遣要請を受けた弁護士会を通じて、当番弁護士が原則として24時間以内に面会(接見)に駆けつけます。
 なお、勾留後には国選弁護人がつくこともあります。
 家族が逮捕された場合には、直ちに弁護士に相談に行ったり、あるいは弁護士会に当番弁護士を派遣するよう頼むことができます。ほかに、家族としては、着替えや防寒着、お金(留置施設内で便せんなどを買ったりするのに必要です。)などの差し入れをすることができるので、できるだけ早くしてあげてください。

調書への署名は慎重に!
 捜査の中で、被疑者として、あるいは被疑者の家族として、捜査機関による取調べを受けることがあります。
 取調べの際に注意したいのは、調書に一旦署名してしまうと、それをあとから撤回・修正するのは極めて困難で、調書が独り歩きしてしまうおそれがあるということです。このことは、周防正行監督の「それでもボクはやってない」という映画 (この映画はとても良くできている、いい映画だと思います。) の中でも取り上げられていますので、ご存知の方も多いでしょう。
 冤罪や不当に重い刑罰に苦しめられないようにするためには、調書に署名する前に、①手にとって自分で読む(警察官らに代わりに読んでもらわない。)、②内容に納得いかなければ訂正を求める、③納得できないなら署名しない、ということが何よりも大切です。

弁護人をつけることの意味
 たとえば接見が禁止されている被疑者は、家族であっても面会することができませんが、弁護人は自由に接見することができます。また、接見の禁止がなくても、家族等の面会は平日昼間の15分間程度に限定されるのが普通ですが、弁護人にはそのような限定はなく、土日、夜間、長時間の接見も可能です。
 また、不当な捜査がなされていれば、それについて法的な助言をすることはもちろん、場合によっては、捜査機関に抗議して是正を求めることもあります。
 このような、接見を通じた外部との連絡、冤罪等から身を守るための法的助言などのために、できるだけ早い段階から弁護人をつけることはとても重要です。